事業案内

建築物石綿含有建材調査者講習の概要

本講習は、厚生労働省・国土交通省・環境省告示第1号に基づき、建築物に使用されている石綿に起因して発生する健康被害及び健康障害を未然に防止するため、建築物に使用されている石綿含有建材の使用実態について、中立かつ公正に専門的な調査を行うことができる調査者の育成を目指すものです。

コース

■ 建築物石綿含有建材調査者コース(座学講習2日間)

■ 特定建築物石綿含有建材調査者コース(座学講習2日間+実地研修半日程度)

■ 実地研修コース(建築物石綿含有建材調査者対象、実地研修半日程度)
※一般社団法人環境科学対策センター主催の講習受講者が対象となります

■ 再試験

提出書類一式
募集要項

受講申込み方法

  1. 当センターのホームページより専用フォームにアクセス頂き、必要事項をご記入の上お申し込みください。
  2. フォーム送信後、記入頂きましたアドレスに必要書類、提出方法を記載したメールを送信致します。必ずメール内容をご確認頂けます様お願い申し上げます。メールの内容に沿って手続きをお進め下さい。
  3. 講習期間の日程・会場・講義科目および時間は、 環境科学対策センターホームページの各コースのページをご参照ください。
  4. 受講料は前納となっております。入金に際しては、銀行備え付けの振込票または、ATMをご利用いただくか、ネットバンキングから直接銀行口座に振り込みをお願い致します。複数名同時にお申込みされた場合は、合算振込で結構です。その旨ご返信メール本文に記載頂けますようお願い致します。 ※振込手数料は、ご負担願います

コース詳細

■建築物石綿含有建材調査者コース

本講習は、2日間の座学を通じ関係法令や石綿の関連疾患とリスク、建築物の構造・建材等に関する知識と、通常の使用状態における建築物の石綿含有建材に関する調査に加え、解体作業等においての事前調査にも対応した知識を学ぶ内容となっています。講義終了後の筆記試験に合格した方には、『建築物石綿含有建材調査者』の修了証明書が付与されます。

■特定建築物石綿含有建材調査者コース

本講習は、所謂 書面調査+現地調査の講習です。関係法令、石綿の関連疾患とリスク、建築物の構造・建材等に関する知識と、解体作業等においての事前調査にも対応した知識を2日間の座学を通じて学びます。また実地研修では、建物における調査の実務能力を、実際の建築物を使用した演習を通じて習得します。講習および実地研修終了後の筆記試験と口述試験に合格した方には、『特定建築物石綿含有建材調査者』の修了証明書が付与されます。

■実地研修コース

本講習は、当センター主催の建築物石綿含有建材調査者講習で「建築物石綿含有建材調査者コース」を受講され、『建築物石綿含有建材調査者』の資格を有する方を対象に、実際の建築物を使った演習を通じて建物における調査の実務能力を習得する内容となっています。実地研修終了後の口述試験に合格した方には、『特定建築物石綿含有建材調査者』の修了証明書が付与されます。

ご案内パンフレット

関連リンク