受講者の皆様へ 【新型コロナウイルス感染症対策についてのお願い】

「建築物石綿含有建材調査者」講習 受講者の皆さまへ

政府からの新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づくお願い

~対策が強化されました! 重要なお知らせです。よくお読みください~

【全会場における講習会(座学講習及び、筆記試験)受講者様へのお願い】

※開催約1ヶ月前に、受講票をお送りいたします。ご確認をお願い致します。

■講習会受講の参加にあたって

受講者の方は、座学講習及び筆記試験の参加当日を含む14日以内に

発熱37・5度以上あった場合は、講習会受講を延期頂き「不参加」の対応をお願いします。

・「不参加」の場合は、必ず事務局にお電話ください・・・06-6363-5880

発熱の原因が、医療機関の判断で新型コロナウイルス感染症ではなく風邪等であり、すでに完治されて発熱もない場合は、「参加」していただけます。

・発熱の原因が、「不明」の場合は受講延期の対応をお願いします。

ご安心ください!座学講習及び筆記試験は、継続して今後も予定致します。体調が回復されましたら、別日での座学講習及び、筆記試験に参加することができます。

■講習会受講のキャンセルをご希望の方へ

講習会受講日の1ケ月以上前に「キャンセル」される場合は、振込手数料を差し引いた受講料をご返金致します。事務局にメールでご連絡ください。

※特に、以下に示す政府から出された感染防止の強化策を遵守できない方は、「キャンセル」のご対応をお願い致します。

■予定通り講習会を受講される方へ

【講習会(座学講習及び筆記試験)当日の感染防止対策並びに、日常の感染防止対策について】

・参加者全員が、自覚症状のない感染者(陽性者)のつもりで、自分のことも守りながら人にうつさないという意識共有にご協力ください。

(事務局自身も、そのつもりで行動致します)

・マスクの着用を必ずお願いします。

・毎回受付時に、検温(非接触)がございます。37・5度を含むそれ以上を示された方はその時点で「不参加」とさせて頂きます。(37・5度以上を示された方は、念のため医療用接触型体温計にて再度検温し、判断させて頂きます。)

・アルコール消毒を常設しますので、両手の指先~手首を消毒してください。

(トイレ・喫煙等、講習会場からの出入りの場合も、必ず【その都度】お願いします)

・こまめな手洗いをお願いします。

・会場内では、マスクを着用に加え受講者同士の会話はご遠慮ください。

(同じ会社から複数参加の方もいらっしゃいますが、会場内では飛沫防止のため会話禁止にご協力ください)

・会場内での水分補給は可能です。

・会場内での昼食は諸事情を考慮し可能としますが、水分補給及び食事中の「会話は禁止」とさせて頂きます。

(ゴミは、ご自身でお持ち帰りください。会場内のごみ箱に捨てないようにご協力ください)

■事務局としての感染防止対策

【マスクについて】

・全会場、講習2日間の初日に『飛沫防止用簡易』マスクを無料でお配り致します。

2日間を通じて、おひとりさま1枚限りです。最善を尽くして、マスクを確保しますが、マスクが手に入りにくい状況のため、受講者様の人数分を確保できない可能性がございます。不足の場合を想定頂き可能な限り、ご自身で『マスク』をご用意頂けますようお願い致します。

【換気について】

・会場によって設備は異なりますが、可能な限り常に換気している状態にします。

・講義等の休憩時間は、出入り口を開放して換気量を多くします。

・講義中も1時間に1回10分程度は出入り口を開放して換気量を多くします。

・アルコール消毒作業を前日及び開場前、お昼休憩時、終了後に受講者が触れる可能性が考えられる箇所を除菌します。

【その他、政府方針からの日常の感染防止対策重点抜粋です】

・自分自身が自覚症状のない感染者(陽性)のつもりで、他の人に感染させない行動をする

・手洗い・アルコール消毒は、常に意識して行う

・触らない!ご自身の【目・鼻・口】粘膜がある部分を触らない!

・会話は、マスクをしておこなう

・飲酒は、マスクをしない状態での会話となり濃厚接触で感染させるリスクが高い為、自粛する。特に、クラブ・パブ・キャバクラなどは、クラスター感染が発生する可能性があるとして、自粛要請が出ておりますので、出入りされないようにお願い致します。

クラスター感染を絶対に発生させないために、ご協力宜しくお願いします。

皆さまが安心して受講後もご自宅に帰宅できるようにご協力をお願いします。

【各会場延期の可能性について】

■政府の方針で、「緊急事態宣言」が発令され・・・開催エリアでの所謂「ロックダウン(都市封鎖)」が示された場合、その期間に講習会の予定が重なった場合は、延期となります。

【政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針及び専門家の見解、最新知見情報】

※厚生労働省サイトへリンクします。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00093.html

【新型コロナウィルス感染症に関する最新の情報はこちら】

※厚生労働省サイトへリンクします

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

【 令和2年3月28日 発表 新型コロナウィルス感染症対策の基本的対処方針 】

※厚生労働省サイトへリンクします

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000614802.pdf

・手洗い後の水気が残っていると効果減

アルコール除菌は、石けん液で手を洗って水で流し、タオルなどでしっかり水気をとったうえで、以下の手順で行うのが望ましい。

(1)適量のアルコール消毒剤を手のひらに取る
(2)片方の手の指先で、他方の手のひらに馴染ませる
(3)両手のひら全体に、消毒剤をよくすり込む
(4)両手の甲全体にも消毒剤をすり込む
(5)両手の指を組み、指の間にもしっかりと消毒剤をすり込む
(6)片方の手でもう片方の親指を包み込み、両手の親指にもしっかりと消毒剤をすり込む
(7)両方の手首にまでしっかりと消毒剤をすり込む

ここでいう「適量」は「手指全体から手首に至るまでまんべんなく行き渡る程度の量」を指す。また、手指全体にささっと行き渡らせるだけでなく「消毒剤が乾くまですり込むこと」が大切だという。

(参考資料)

>>新型コロナウイルスを防ぐには (厚生労働省作成PDFへリンク)

>>新型コロナウイルス感染症 市⺠向け感染予防ハンドブック (作成:東北医科薬科大学病院感染制御部・仙台東部地区感染対策チーム)

>>濃厚接触者の定義が変更されました(NHKニュースへリンク)

今後のお知らせについて、随時ホームページに掲載致しますので、

受講を予定している方は講習会前にご確認いただきますようお願い致します。