過去問題を閲覧されている受講者の皆さまへ

■必ずご一読ください■

修了考査のご参考にされていることと思います。
『最も適切なもの』『最も不適切なもの』など問題そのものを良く熟読して頂くことが肝要です。
各々の試験問題の解答を示していないのは、過去問題の丸暗記をしても「合格しない」からです。
当センターでは、予習できるようにテキスト等のデータをダウンロードできるようなシステムを構築しています。
また、講習カリキュラムを受講する中で、しっかり体系的に学べる講習会を実施していますのでご安心ください。(勿論努力は必要です)

アスベストばく露防止の最前線で必要な資格です。
受講者の皆さま、頑張ってください。

一般社団法人 環境科学対策センター
専務理事 脇谷壮太朗

 

一般建築物石綿含有建材調査者 修了考査

筆記試験 <合格ライン:正解24問以上>
・第1講座~第4講座より40問
・4択   マークシート方式

調査票試験 <合格ライン:正解36問以上>
・60問

【合格基準】 各々60%以上が合格ライン
(両方ともに60%以上で合格、片方のみ60%以上の場合は不合格)

【合格率】 各会場によってバラツキはあるが、おおよそ70~75%

 

■2020年度 修了考査問題

① 筆記試験問題
② 調査票試験問題
③ 口述試験問題